かよ歯科医院|一般・小児・矯正・インプラント・顎関節症など|井土ヶ谷駅から徒歩0分

小児歯科

歯科医院に「怖い」や「痛い」などのマイナスイメージをお持ちのお子様は少なくありません。しかし、子供の頃に歯の大切さやケアの仕方をしっかりと教えてあげることで、将来の歯に対する意識が大きく変わってきます。
そのため当院ではお子様の恐怖心をゆっくり取り除きながら、コミュニケーションを大切にし、楽しく治療を進められるよう努力しております。

乳歯と永久歯の関係

乳歯は生後6ヵ月頃から生え始め、2歳半~3歳ごろにかけてゆっくり生え揃います。乳歯はいずれ抜けてしまい、永久歯が生えてくるまでの代わりの歯と感じる方もいらっしゃると思いますが、決してそうではありません。乳歯には、お子様の成長や乳歯抜けて生えてくる永久歯に関わる大切な役割を担っています。そのため乳歯もきちんとメンテナンスを行うことが必要です。

もし、乳歯が虫歯によって早く抜けてしまうと、食べ物をしっかり噛むことができません。しっかり噛めないと、食べ物の消化を助けてくれる唾液の分泌が低下し、食事からの栄養を効率よく吸収が出来なくなってしまうことがあります。また発音を覚える大事な幼児期に、抜けてしまった歯があることで発音がうまく出来ず発音障害が生じてしまったり、顎や全身の全身の正常な発育を妨げてしまうことにもなります。乳歯を健康に保つことは、正常な発育のために欠かせないことです。

また、乳歯は永久歯が生えてくる正しい位置を誘導するという重要な役割もあります。そのため乳歯がないと永久歯が正しい位置に生えてくることが出来ず、永久歯の歯並びにも影響を及ぼします。そのためご家族の方が毎日きちんとお口の中をチェックを行い、虫歯で歯を失うことがないようケアしてあげましょう。

フッ素塗布で強い歯に

乳歯や永久歯に関わらず、生えたての歯というのは、柔らかく磨きにくいので虫歯になりやすいものです。歯が完全に硬くなるには2~3年ほどかかると言われていますが、当院では、早くに歯を硬くし虫歯になりにくい歯にするためにフッ素を塗布をおすすめします。

フッ素には、強い歯を育てるための効果があります。生えたての歯は、柔らかく、虫歯になりやすいですが、フッ素がより効果を発揮する時期でもあります。年に3~4回の塗布を継続していき、徐々に強い歯を育てていきます。
また、フッ素には歯の表面が解けるのを防ぐだけでなく、酸によって柔らかくなり始めたエナメル質を硬くしてくれる再石灰化の作用もあるので、初期虫歯の治療にも効果が得られます。
 

page_top